警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

Barrier

公共finalクラスバリア

さまざまなグラフの実行にわたって持続するバリアを定義します。

バリアはキー値マップを表します。各キーは文字列であり、各値はテンソルのタプルです。

実行時に、バリアには「complete」要素と「incomplete」要素が含まれます。完全な要素には、その値タプルのすべてのコンポーネントのテンソルが定義されており、BarrierTakeManyを使用してアクセスできます。不完全な要素の値タプルには未定義のコンポーネントがいくつかあり、BarrierInsertManyを使用して更新できます。

ネストされたクラス

クラスBarrier.Options以下のためのオプションの属性Barrier

パブリックメソッド

出力<文字列>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的Barrier.Options
容量(ロング容量)
静的Barrier.Options
コンテナ(文字列のコンテナ)
静的なバリア
作成スコープスコープ、リスト<クラス<?>> componentTypes、オプション...オプション)
新しいバリア操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<文字列>
ハンドル()
バリアへのハンドル。
静的Barrier.Options
形状(一覧<形状>形状)
静的Barrier.Options
sharedName (文字列sharedName)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<文字列> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的のBarrier.Optionsの容量(ロング容量)

パラメーター
容量バリアの容量。デフォルトの容量はMAX_INT32で、これは基礎となるキューの最大容量です。

パブリック静的のBarrier.Optionsのコンテナ(文字列のコンテナ)

パラメーター
容器空でない場合、このバリアは指定されたコンテナに配置されます。それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。

公共の静的なバリアが作成スコープスコープを、リスト<クラス<?>> componentTypes、オプション...オプション)

新しいバリア操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
componentTypes値の各コンポーネントのタイプ。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • バリアの新しいインスタンス

公共の出力<文字列>ハンドル()

バリアへのハンドル。

パブリック静的Barrier.Optionsの形状(一覧<形状>形状)

パラメーター
値内の各コンポーネントの形状。各形状は、最初の次元で1でなければなりません。この属性の長さは、component_typesの長さと同じである必要があります。

パブリック静的Barrier.Options sharedName(文字列sharedName)

パラメーター
sharedName空でない場合、このバリアは複数のセッションで指定された名前で共有されます。