警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

BroadcastTo

パブリック最終クラスBroadcastTo

互換性のある形状の配列をブロードキャストします。

ブロードキャストは、算術演算に対応する形状を持つように配列を作成するプロセスです。 2 つの形状は、各次元のペアが等しいか、いずれかが 1 である場合に互換性があります。

例えば:

>>> x = tf.constant([[1, 2, 3]]) # 形状 (1, 3,) >>> y = tf.broadcast_to(x, [2, 3]) >>> print(y ) tf.Tensor( [[1 2 3] [1 2 3]], shape=(2, 3), dtype=int32)

上記の例では、`[1, 3]` の形状を持つ入力 Tensor は、`[2, 3]` の形状を持つ出力 Tensor にブロードキャストされます。

ブロードキャスト時に、テンソルの軸が必要以上に少ない場合、その形状の左側が 1 でパディングされます。したがって、これは前の例と同じ結果になります。

>>> x = tf.constant([1, 2, 3]) # 形状 (3,) >>> y = tf.broadcast_to(x, [2, 3])

テンソルをスカラーで乗算するなどのブロードキャスト操作を行う場合、ブロードキャストは (通常) ブロードキャストされたテンソルが実体化されないため、時間または空間の利点をもたらします。

しかし、「broadcast_to」にはそのような利点はありません。新しく作成されたテンソルは、ブロードキャストされた形状の完全なメモリを取得します。 (ただし、グラフのコンテキストでは、「broadcast_to」は後続の操作に融合され、最適化されて取り除かれる可能性があります。)

公開メソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static <T, U extends Number> BroadcastTo <T>
create (スコープスコープ、オペランド<T> 入力、オペランド<U> シェイプ)
新しい BroadcastTo 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<T>
出力()
テンソル。

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static BroadcastTo <T> create (スコープスコープ、オペランド<T> 入力、オペランド<U> シェイプ)

新しい BroadcastTo 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力ブロードキャストする Tensor。
1 次元の「int」テンソル。目的の出力の形状。
戻り値
  • BroadcastTo の新しいインスタンス

public Output <T>出力()

テンソル。