警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

DestroyTemporaryVariable

パブリック最終クラスDestroyTemporaryVariable

一時変数を破棄し、その最終値を返します。

'ref'が指すTensorの値に出力を設定し、 'var_name'と呼ばれる一時変数を破棄します。済の「ref」のすべての他の用途は、このオペレーションの前に実行ている必要あります。これは通常、各割り当て操作を介して参照をチェーンするか、制御の依存関係を使用することによって実現されます。

'ref'が指すテンソルの最終値を出力します。

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T> DestroyTemporaryVariable <T>
作成スコープのスコープを、オペランド<T> REF、文字列VARNAME)
新しいDestroyTemporaryVariable操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的DestroyTemporaryVariable <T>(作成スコープ範囲、オペランド<T> REF、文字列VARNAME)を

新しいDestroyTemporaryVariable操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ref一時変数テンソルへの参照。
varName一時変数の名前。通常、一致する「TemporaryVariable」操作の名前。
戻り値
  • DestroyTemporaryVariableの新しいインスタンス

公共の出力<T>の値()