警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

Gather

public final クラスギャザー

`indexes` に従って `params` 軸 `axis` からスライスを収集します。

`indices` は、任意の次元 (通常は 0-D または 1-D) の整数テンソルでなければなりません。形状 `params.shape[:axis] + indexs.shape[batch_dims:] + params.shape[axis + 1:]` の出力テンソルを生成します ここで:

# Scalar indices (output is rank(params) - 1).
     output[a_0, ..., a_n, b_0, ..., b_n] =
       params[a_0, ..., a_n, indices, b_0, ..., b_n]
 
     # Vector indices (output is rank(params)).
     output[a_0, ..., a_n, i, b_0, ..., b_n] =
       params[a_0, ..., a_n, indices[i], b_0, ..., b_n]
 
     # Higher rank indices (output is rank(params) + rank(indices) - 1).
     output[a_0, ..., a_n, i, ..., j, b_0, ... b_n] =
       params[a_0, ..., a_n, indices[i, ..., j], b_0, ..., b_n]
 

CPU では、範囲外のインデックスが見つかった場合、エラーが返されることに注意してください。 GPU では、範囲外のインデックスが見つかった場合、対応する出力値に 0 が格納されます。

`tf.batch_gather` とtf.gather_ndも参照してください。

ネストされたクラス

クラスGather.Options Gatherのオプション属性

公開メソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static Gather.Options
batchDims (長い batchDims)
static <T, U extends Number, V extends Number> Gather <T>
作成(スコープスコープ、オペランド<T> パラメータ、オペランド<U> インデックス、オペランド<V> 軸、オプション...オプション)
新しい Gather 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<T>
出力()
`indexes` によって指定されたインデックスから収集された `params` からの値。

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static Gather.Options batchDims (Long batchDims)

public static Gather <T> create (スコープスコープ、オペランド<T> パラメータ、オペランド<U> インデックス、オペランド<V> 軸、オプション...オプション)

新しい Gather 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
パラメータ値を収集するテンソル。ランク `axis + 1` 以上である必要があります。
インデックスインデックス テンソル。 `[0, params.shape[axis])` の範囲内にある必要があります。
`index` を収集する `params` の軸。デフォルトは最初の次元です。負のインデックスをサポートします。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Gather の新しいインスタンス

public Output <T>出力()

`indexes` によって指定されたインデックスから収集された `params` からの値。

public final クラスギャザー

`indexes` に従って `params` 軸 `axis` からスライスを収集します。

`indices` は、任意の次元 (通常は 0-D または 1-D) の整数テンソルでなければなりません。形状 `params.shape[:axis] + indexs.shape[batch_dims:] + params.shape[axis + 1:]` の出力テンソルを生成します ここで:

# Scalar indices (output is rank(params) - 1).
     output[a_0, ..., a_n, b_0, ..., b_n] =
       params[a_0, ..., a_n, indices, b_0, ..., b_n]
 
     # Vector indices (output is rank(params)).
     output[a_0, ..., a_n, i, b_0, ..., b_n] =
       params[a_0, ..., a_n, indices[i], b_0, ..., b_n]
 
     # Higher rank indices (output is rank(params) + rank(indices) - 1).
     output[a_0, ..., a_n, i, ..., j, b_0, ... b_n] =
       params[a_0, ..., a_n, indices[i, ..., j], b_0, ..., b_n]
 

CPU では、範囲外のインデックスが見つかった場合、エラーが返されることに注意してください。 GPU では、範囲外のインデックスが見つかった場合、対応する出力値に 0 が格納されます。

`tf.batch_gather` とtf.gather_ndも参照してください。

ネストされたクラス

クラスGather.Options Gatherのオプション属性

公開メソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static Gather.Options
batchDims (長い batchDims)
static <T, U extends Number, V extends Number> Gather <T>
作成(スコープスコープ、オペランド<T> パラメータ、オペランド<U> インデックス、オペランド<V> 軸、オプション...オプション)
新しい Gather 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<T>
出力()
`indexes` によって指定されたインデックスから収集された `params` からの値。

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static Gather.Options batchDims (Long batchDims)

public static Gather <T> create (スコープスコープ、オペランド<T> パラメータ、オペランド<U> インデックス、オペランド<V> 軸、オプション...オプション)

新しい Gather 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
パラメータ値を収集するテンソル。ランク `axis + 1` 以上である必要があります。
インデックスインデックス テンソル。 `[0, params.shape[axis])` の範囲内にある必要があります。
`index` を収集する `params` の軸。デフォルトは最初の次元です。負のインデックスをサポートします。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Gather の新しいインスタンス

public Output <T>出力()

`indexes` によって指定されたインデックスから収集された `params` からの値。