警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

OutfeedDequeueV2

公共finalクラスOutfeedDequeueV2

計算アウトフィードから単一のテンソルを取得します。 Device ordinalは、動的なアウトフィードを可能にするテンソルです。

この操作は、データが利用可能になるまで無期限にブロックされます。

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T> OutfeedDequeueV2 <T>
作成スコープ範囲、オペランド<整数> deviceOrdinal、クラス<T> DTYPE、図形の形状)
新しいOutfeedDequeueV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
デバイスのアウトフィードから読み取られるテンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的OutfeedDequeueV2 <T>を作成スコープ範囲、オペランド<整数> deviceOrdinal、クラス<T> DTYPE、図形の形状)

新しいOutfeedDequeueV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
deviceOrdinal使用するTPUデバイスを表すintスカラーテンソル。これは、OpがTPUデバイスで実行されている場合は-1であり、OpがCPUデバイスで実行されている場合は> = 0である必要があります。
dtypeテンソルの要素のタイプ。
テンソルの形状。
戻り値
  • OutfeedDequeueV2の新しいインスタンス

公共の出力<T>出力()

デバイスのアウトフィードから読み取られるテンソル。