警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

RngReadAndSkip

public final クラスRngReadAndSkip

カウンターベースの RNG のカウンターを進めます。

`rng_read_and_skip(n)` の後の RNG の状態は、`uniform([n])` (またはその他の分布) の後の状態と同じになります。カウンターに追加される実際のインクリメントは、未指定の実装の選択です。

入力アルゴリズムが RNG_ALG_AUTO_SELECT の場合、状態のカウンターはサイズ int64[2] (アルゴリズム間の現在の最大カウンター サイズ) である必要があります。この場合、この op は、[lower_64bits, higher_64bits] レイアウトの 128 ビット整数であるかのようにカウンターを管理します。アルゴリズムでカウンターに 128 ビット未満が必要な場合は、int64[2] の左側の部分を使用する必要があります。このように、int64[2] は現在のすべての RNG アルゴリズム (Philox、ThreeFry、および xla::RandomAlgorithm::RNG_DEFAULT) と互換性があります。したがって、ダウンストリーム RNG ops は、このカウンターを任意の RNG アルゴリズムで使用できます。

公開メソッド

出力<ロング>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static RngReadAndSkip
create (スコープスコープ、オペランド<?> リソース、オペランド<整数> alg、オペランド<?> デルタ)
新しい RngReadAndSkip 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<ロング>
()
インクリメントする前のリソース変数の古い値。

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <Long> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static RngReadAndSkip create (スコープスコープ、オペランド<?> リソース、オペランド<整数> alg、オペランド<?> デルタ)

新しい RngReadAndSkip 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
資源RNG の状態を格納するリソース変数のハンドル。状態は、カウンターとそれに続くキーで構成されます。
アルグRNG アルゴリズム。
デルタ前進量。
戻り値
  • RngReadAndSkip の新しいインスタンス

public出力<Long>()

インクリメントする前のリソース変数の古い値。状態サイズはアルゴリズムに依存するため、この出力は int64[3] (アルゴリズム間の現在の最大状態サイズ) に達するように右にゼロが埋め込まれます。