警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

StatelessShuffle

public 最終クラスStatelessShuffle

最初の次元に沿ってテンソルをランダムかつ決定論的にシャッフルします。

各 `value[j]` がただ 1 つの `output[i]` にマッピングされるように、テンソルは次元 0 に沿ってシャッフルされます。たとえば、3x2 テンソルで発生する可能性のあるマッピングは次のとおりです。

[[1, 2],       [[5, 6],
  [3, 4],  ==>   [1, 2],
  [5, 6]]        [3, 4]]
 
出力は、「値」、「キー」、「カウンター」、および「アルグ」の決定論的関数です。

公開メソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static <T> StatelessShuffle <T>
create ( Scope scope, Operand <T> value, Operand <?> key, Operand <?> counter, Operand <Integer> alg)
新しい StatelessShuffle 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<T>
出力()
最初の次元に沿ってシャッフルされた、「値」と同じ形状と型のテンソル。

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static StatelessShuffle <T> create (スコープスコープ、オペランド<T> 値、オペランド<?> キー、オペランド<?> カウンター、オペランド<整数> alg)

新しい StatelessShuffle 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
価値シャッフルされるテンソル。
カウンターベースの RNG アルゴリズムのキー (形状 uint64[1])。
カウンターカウンターベースの RNG アルゴリズムの初期カウンター (アルゴリズムに応じて uint64[2] または uint64[1] の形状)。より大きなベクトルが指定された場合、左側の必要な部分 (つまり [:N]) のみが使用されます。
アルグRNG アルゴリズム (形状 int32[])。
戻り値
  • StatelessShuffle の新しいインスタンス

public Output <T>出力()

最初の次元に沿ってシャッフルされた、「値」と同じ形状と型のテンソル。