警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

TPURoundRobin

パブリック最終クラスTPURoundRobin

TPU コアでのラウンドロビン負荷分散。

TPU コア間でラウンドロビンする負荷分散 op。

この op は、[0, NumTPUCoresVisiblePerHost] の整数の間でラウンドロビンします。 「TPUPartitionedCall」など、計算を実行する TPU コアを入力として受け取る TensorFlow ops とのインターフェイスに役立ちます。

device_ordinal: [0, NumTPUCoresVisiblePerHost] の整数。

公開メソッド

出力<整数>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
静的TPURoundRobin
作成(スコープスコープ)
新しい TPURoundRobin オペレーションをラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<整数>

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <Integer> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static TPURoundRobin create (スコープスコープ)

新しい TPURoundRobin オペレーションをラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • TPURoundRobin の新しいインスタンス

public Output <Integer> deviceOrdinal ()