警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

TpuHandleToProtoKey

public final クラスTpuHandleToProtoKey

XRT の uid ハンドルを TensorFlow に適した入力形式に変換します。

コンパイル済みプログラムの uid ハンドルを proto キーのベクトルに変換します。

XRT コンパイル操作は uid を返し、TensorFlow 実行操作は proto キーを取ります。この op により、クライアントは XRT を使用して TPU でコンパイルし、標準の TensorFlow 実行 op を使用して実行できます。

「uid」は入力ハンドルです。 「proto_keys」は、コア プログラムごとに 1 つずつ、proto キーのベクトルです。

公開メソッド

出力<文字列>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static TpuHandleToProtoKey
create ( Scopeスコープ、オペランド<Long> uid)
新しい TpuHandleToProtoKey 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<文字列>

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <String> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static TpuHandleToProtoKey create (スコープスコープ、オペランド<Long> uid)

新しい TpuHandleToProtoKey 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • TpuHandleToProtoKey の新しいインスタンス

public Output <String> protoKeys ()