警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

UniformQuantizedDot

public final クラスUniformQuantizedDot

量子化 Tensor lhs と量子化 Tensor rhs の量子化ドットを実行し、量子化 output を作成します。

量子化された lhs と量子化された rhs が与えられると、 lhs と rhs に量子化ドットを実行し、量子化された output を作成します。 `lhs` と `rhs` は 2D Tensor でなければならず、lhs.dim_size(1) は rhs.dim_size(0) と一致する必要があります。 `lhs` と `rhs` は量子化された Tensor でなければなりません。ここで、データ値は次の式を使用して量子化されます: quantized_data = clip(original_data / scale + zero_point, quantization_min_val, quantization_max_val)。 `output` も同じ式を使用して量子化されます。 `rhs` がテンソル単位で量子化されている場合、`output` もテンソル単位で量子化する必要があります。

ネストされたクラス

クラスUniformQuantizedDot.Options UniformQuantizedDotのオプション属性

公開メソッド

出力<U>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static <U, T> UniformQuantizedDot <U>
create ( Scope scope、オペランド<T> lhs、オペランド<T> rhs、オペランド<Float> lhsScales、オペランド<Integer> lhsZeroPoints、オペランド<Float> rhsScales、オペランド<Integer> rhsZeroPoints、オペランド<Float> outputScales、オペランド<Integer > outputZeroPoints, Class<U> Tout, Long lhsQuantizationMinVal, Long lhsQuantizationMaxVal, Long rhsQuantizationMinVal, Long rhsQuantizationMaxVal, Long outputQuantizationMinVal, Long outputQuantizationMaxVal, Options... options)
新しい UniformQuantizedDot 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
static UniformQuantizedDot.Options
lhsQuantizationAxis (長い lhsQuantizationAxis)
出力<U>
出力()
形状が (lhs.dim_size(0), rhs.dim_size(1)) である Tout の出力 2D テンソル。
static UniformQuantizedDot.Options
outputQuantizationAxis (長い outputQuantizationAxis)
static UniformQuantizedDot.Options
rhsQuantizationAxis (長い rhsQuantizationAxis)

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <U> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static UniformQuantizedDot <U> create ( Scope scope, Operand <T> lhs, Operand <T> rhs, Operand <Float> lhsScales, Operand <Integer> lhsZeroPoints, Operand <Float> rhsScales, Operand <Integer> rhsZeroPoints, Operand <Float > outputScales、オペランド<Integer> outputZeroPoints、Class<U> Tout、Long lhsQuantizationMinVal、Long lhsQuantizationMaxVal、Long rhsQuantizationMinVal、Long rhsQuantizationMaxVal、Long outputQuantizationMinVal、Long outputQuantizationMaxVal、オプション...オプション)

新しい UniformQuantizedDot 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
lhs Tin の 2D テンソルでなければなりません。
Tin の 2D テンソルでなければなりません。
lhsスケールlhs が表す元のデータを量子化するときにスケールとして使用される float 値。スカラー テンソルでなければなりません (lhs はテンソルごとの量子化のみをサポートします)。
lhsZeroPoints lhs が表す元のデータを量子化するときに zero_point として使用される int32 値。 lhs_scales と同じ形状条件。
rhsスケールrhs が表す元のデータを量子化するときにスケールとして使用される float 値。スカラー テンソル (テンソルごとの量子化) またはサイズ (rhs.dim_size(1),) (チャネルごとの量子化) の 1D テンソルである必要があります。
rhsZeroPoints rhs が表す元のデータを量子化するときに zero_point として使用される int32 値。 rhs_scales と同じ形状条件。
出力スケール出力が表す元のデータを量子化するときにスケールとして使用する float 値。スカラー テンソル (テンソルごとの量子化) またはサイズ (output.dim_size(1),) (チャネルごとの量子化) の 1D テンソルでなければなりません。 rhs がテンソルごとに量子化されている場合、出力もテンソルごとに量子化する必要があります。これは、rhs_scales と rhs_zero_points がスカラー テンソルである場合、output_scales と output_zero_points もスカラー テンソルでなければならないことを意味します。
出力ゼロポイント出力が表す元のデータを量子化するときに zero_point として使用される int32 値。 rhs_scales と同じ形状条件。
トウト出力テンソルの型。
lhsQuantizationMinVal lhs に格納されている量子化されたデータの最小値。たとえば、Tin が qint8 の場合、狭い範囲が量子化されている場合は -127 に、そうでない場合は -128 に設定する必要があります。
lhsQuantizationMaxVal rhs に格納されている量子化されたデータの最大値。たとえば、Tin が qint8 の場合、これは 127 に設定する必要があります。
rhsQuantizationMinVal rhs に格納されている量子化されたデータの最小値。たとえば、Trhs が qint8 の場合、狭い範囲で量子化されている場合は -127 に、そうでない場合は -128 に設定する必要があります。
rhsQuantizationMaxVal rhs に格納されている量子化されたデータの最大値。たとえば、Trhs が qint8 の場合、これは 127 に設定する必要があります。
outputQuantizationMinVal出力に格納される量子化されたデータの最小値。たとえば、Tout が qint8 の場合、狭い範囲で量子化されている場合は -127 に、そうでない場合は -128 に設定する必要があります。
outputQuantizationMaxVal出力に格納される量子化されたデータの最大値。たとえば、Tout が qint8 の場合、これは 127 に設定する必要があります。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • UniformQuantizedDot の新しいインスタンス

public static UniformQuantizedDot.Options lhsQuantizationAxis (長い lhsQuantizationAxis)

パラメーター
lhsQuantizationAxisその次元に沿ったスライスに軸ごとの量子化が適用されるテンソルの次元インデックスを示します。 -1 (デフォルト) に設定すると、テンソルごとの量子化を示します。 dot op lhs の場合、テンソルごとの量子化のみがサポートされます。したがって、この属性は -1 に設定する必要があります。他の値は拒否されます。

public出力<U>出力()

形状が (lhs.dim_size(0), rhs.dim_size(1)) である Tout の出力 2D テンソル。

public static UniformQuantizedDot.Options outputQuantizationAxis (Long outputQuantizationAxis)

パラメーター
outputQuantizationAxisその次元に沿ったスライスに軸ごとの量子化が適用されるテンソルの次元インデックスを示します。 -1 (デフォルト) に設定すると、テンソルごとの量子化を示します。 dot op 出力の場合、次元 1 に沿ったテンソルごとの量子化またはチャネルごとの量子化のみがサポートされます。したがって、この属性は -1 または 1 に設定する必要があります。その他の値は拒否されます。

public static UniformQuantizedDot.Options rhsQuantizationAxis (長い rhsQuantizationAxis)

パラメーター
rhsQuantizationAxisその次元に沿ったスライスに軸ごとの量子化が適用されるテンソルの次元インデックスを示します。 -1 (デフォルト) に設定すると、テンソルごとの量子化を示します。 dot op rhs の場合、次元 1 に沿ったテンソルごとの量子化またはチャネルごとの量子化のみがサポートされます。したがって、この属性は -1 または 1 に設定する必要があります。その他の値は拒否されます。