警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

XlaRecvTPUEmbeddingDeduplicationData

public final クラスXlaRecvTPUEmbeddingDeduplicationData

埋め込みコアから重複排除データ (インデックスと重み) を受け取ります。

重複排除データは、type=DT_VARIANT の Tensor です。テンソル自体は、N 要素を含む XLA ネストされたタプルです (N は、TPU チップあたりのテンソル コアに対する埋め込み数の比率です)。ネストされたタプルの各要素は、ランク 1 テンソルのタプルです。各テンソルには、TensorCore にルックアップを埋め込むためのインデックス (DT_UINT32)、または埋め込みルックアップ操作の出力に適用する重み (DT_FLOAT) のいずれかが含まれます。

公開メソッド

出力<オブジェクト>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static XlaRecvTPUEmbeddingDeduplicationData
作成(スコープスコープ、文字列構成)
新しい XlaRecvTPUEmbeddingDeduplicationData 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
出力<?>

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <オブジェクト> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static XlaRecvTPUEmbeddingDeduplicationData create (スコープスコープ、文字列構成)

新しい XlaRecvTPUEmbeddingDeduplicationData 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
構成シリアル化された TPUEmbeddingConfiguration プロト。
戻り値
  • XlaRecvTPUEmbeddingDeduplicationData の新しいインスタンス

public出力<?>出力()